下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

デミオの口コミに購入者の声がたくさん寄せられています。

デミオは女性のオーナーも多いです。女性目線の評価が気になるのは、女性だけでなく、
奥さんの車の購入を考えている旦那さんも同じですよね。

特に、実際に乗っている方の、「ここは、もう少しどうにかならないのか・・」という
辛口評価を知りたいですよね。まとめて紹介します!

デミオの口コミからわかる特徴

今、コンパクトカーの人気が高まっています。狭い道や駐車場が多い日本の街中を、すいすいと走る敏捷性。
高速道路での合流や、追い越しなど、加速が必要なところでも十分な力を発揮する走行性能。
それでいて、1リッターで30km以上走れる低燃費性。

そんなコンパクトカーの中でも、デミオは高い人気を誇っています。その人気の理由と、デミオの特徴とはどんなものなのでしょうか?

デミオの特徴

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/design/?link_id=sbnv

購入者がデミオに決めた理由

  • エクステリアデザインに魅力を感じた!
  • 内装デザインが上質で、まるで高級車。
  • ディーゼルエンジンの加速性能

マツダの魂動デザイン匠塗りは、とても評価が高いです。職人が一つ一つ手作りで作ったような質感を再現したデザインと、単純なグラデーションではなく、見る角度によって複雑な陰影を映し出すボディカラーが特徴的です。

マツダは、従来の”走る歓び”をメインテーマに据えたクルマ作りに、デザイン性を加えて所有欲をさらに満たす戦略にシフトしています。

その甲斐あって、街中を走るマツダの車の数はどんどん増えてきていますよね。しかも、マツダの車はどの車種においても、デザインが統一されています。一目見ただけでマツダの車だとわかるのは、ブランド力がついてきた証拠ですね。

魂動デザイン匠塗りの印象があまりにも強いデミオですが、内装空間の上質さもとても評価が高いです。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/?link_id=sbnv

シートやインパネに使われている高級レザー素材や、アクセントにメッキを使った内装デザインは、メルセデスベンツやBMWといった、海外の高級車の内装と比較しても遜色ありません。

そして、国内では珍しいディーゼル車があるのも、デミオに決める理由の一つです。

コンパクトカーのガソリン車は、必要最低限の走行性能は持ち合わせているのがほとんどですが、『たまには、郊外で運転を楽しみたい。』(もちろん安全を考慮した上でですが笑)といった、本来、マツダがテーマにしてきた”走る歓び”を感じたい時、ディーゼルの加速性能は魅力的です。

私が10年前に乗っていたマツダのAZ-ワゴンは、普段は小回りがきいてとても乗りやすい車なのですが、高速道路で、登り坂になっている追い越し車線を走ると、アクセルをベタ踏みにしても、エンジンの回転数が上がるだけで、なかなか加速しませんでした。

そんな時、デミオのような踏めば応えてくれる加速性能があると、普段の運転が楽しくなりそうです。

デミオの受賞歴

日本カー・オブ・ザ・イヤー 2014-2015受賞

受賞理由

  • デザインとクオリティ、そしてテクノロジーを低価格で実現したこと。
  • 低燃費性をクリーンディーゼルを採用して実現したこと。
  • MTのリリースなど多彩なニーズに応えていること

2014〜2015日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー受賞

受賞理由

  • 革新的なSKYACTIV-テクノロジー
  • 小型ディーゼルターボの走行性能と低燃費性能
  • 進化した危険認知と衝突回避などの予防安全性能

グッドデザインアワード2014グッドデザイン金賞受賞

受賞理由

  • 疾走する猛獣を思わせる緊張感と躍動感を感じさせるデザイン
  • クラスの水準を抜くインテリアの質感の高さ
  • 前輪の位置を前にだすことで自然な運転姿勢を実現したこと

デミオの購入者が”購入の決め手”になった理由が、ほとんどそのまま受賞理由にもなっています。

それでは、デミオの口コミからさらに詳しく特徴を確認していきます。

デミオの口コミから女性の評価を紹介

デミオは女性のオーナーも多いです。中でも、子育てが落ち着いたため、これまで乗っていたミニバンからの乗り換えで、デミオを選ぶ人が多いようです。

ガソリン車でも十分な走行性能です
オプションの360°ビューモニターを付けましたが、駐車時にとても役立ちます。
車を俯瞰できるので自宅の小さな駐車場でも楽ですし、スーパーなどの駐車場でも白線内にきれいに駐車できます。
2018年3月投稿
音声入力できるマツコネが便利です。
『音声認識機能』がありがたいです。CD再生からラジオに切り替えることが『音声』でできます。
ハンドルから手を離さず、安全にできて、とても便利です。
2018年3月投稿
シートヒーターが最高!
冬になってシートヒーターを使うと、毎朝の通勤時に暖かくて本当に助かってます。
このグレードでもつけてくれたマツダに感謝です!
2016年12月
歌舞伎役者の睨みのようなフェイス。
最初は、丸いライトの可愛い顔を探してたのです。ところが、この猛禽類の瞳に一目見て惹かれてしまいました。厳つい顔したソウルレッドから、50代の女が降りてくるのってちょっとかっこいいなーと妄想したりして(笑)
走り出しのギューンとくる急なスピードアップが年齢的にちと怖かったのですが、慣れました。
愛車と呼べる存在です。
2016年7月投稿(50代女性)

女性の評価も概ね高いようです。街中の狭い道の運転でも、機動力の高いデミオならスイスイと楽に運転できます。また、周囲の状況を把握するのに最適な360°ビューモニターも便利ということです。

欧州車のデザインに近いデミオは、普段の買い物を楽しみたいという女性にとって、非日常を感じることができる車のようです。

デミオの口コミからガソリンとディーゼルを比較

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/review/?link_id=sbnv

デミオにはガソリンとディーゼルがあるのは、既に紹介した通りですが、『どちらがいいのか?』と言われると、『人によって、答えは違います。』としか言えません。

車選びは、車の特徴をしっかりと理解した上で、自分にあった車を選ぶことが正解です。どんな人にも合うような車はありません。

そこで、デミオの口コミからガソリンとディーゼルの評価を抜粋して紹介します。

デミオの評価(ガソリン編)

可もなく不可もなく
パワー的には特に可も無く、不可も無く。1.5Lなりと思う。
エンジン音はスタート直後は安っぽいし、加速中も籠った感じで誉められない。
2018年11月投稿
エンジン音が心地いい
ゆとりのある加速で、高速道路の合流や追い越しにも不満はありません。
6速ATの繋がりもスムーズでしっかりとパワーを伝えていると思います。また回転数を上げた時のエンジン音が気持ちいいです。
2018年11月
燃費が予想以上によかった
まだ買って間もないのですが、高速道路8割のドライブで、21.7km/lでした。
往路はMRCC95km設定で。復路はMRCCを使いませんでしたが、燃費がアップしました。
2018年11月投稿

※MRCCとは、マツダレーダークルーズコントロールのことです。設定した速度で、前を行く車との車間距離を自動で調整しながら自動走行する機能です。

ガソリン車の特徴は一言で言うと、”必要十分”な走行性能です。普段の買い物や送り迎え。週末のちょっとしたドライブで乗るときに困ることはないようです。

燃費性能もハイブリッド車ほどではありませんが、不満はない数値です。

デミオの評価(ディーゼル編)

パワフルです。
アクセルを踏まないと大人しく、踏んで0.5秒くらいすると荒々しく加速し始める。
ちなみに町乗りや合流などでも半分以上は踏んでいません(怖くて踏めない)
2018年11月投稿
DPF再生の時間が伸びていった・・
DPF再生にかかる時間は約300km~350kmごとに10分~15分ぐらいでした。
これが1年ほど続いたのですが、1年経ってからは200kmごとに20分。1年3ヶ月では150kmごとに30分とDPFの再生時間が延びていきました。家の手前3kmでいきなりDPF再生が始まると30分近くは無駄な走りをしてから家に帰らなくてはいけません。そういったことが本当に嫌でした。
2018年10月
エアコンフル稼働でもリッター20kmを割らない燃費性能
市街地メインでエアコンをフル稼働させていますがリッター20Kmを割らずに走行できています。
カタログ燃費の70%を予想していたので期待通りです。軽油なのでトータルの燃料代は全有の軽自動車以上の経済性です。
2018年10月

ディーゼルはガソリンと比べて、加速性能が段違いなようです。高速道路であっても、アクセルを全開にする必要がない程なので、デミオのディーゼルの性能を最大まで発揮できる場面は逆に少ないかもしれませんね。

燃費もエアコンによる消費を差し引いても、20km/Lを切りません。

ただ、DPF再生はディーゼルに乗る人にとって、ネックになるようです。クリーンディーゼルエンジンは現在も開発途上であるため、これからさらに改善して行く可能性はあります。

DPF再生とは?

ディーゼルエンジンは燃料の軽油が燃えた後に、煤(すす)がたくさん出ます。発生した煤がマフラーを通って排出されないよう、DPFフィルターで吸着しています。

このDPFフィルターに煤がたまり続けると、エンジントラブルや故障、走行性能や燃費性能の低下に繋がるため、定期的に燃焼して処理する必要があります。このことをDPF再生といいます。

DPF再生は、ある一定の距離を走行したら自動で処理が始まり、30分程度の走行が必要です。

デザインや走行性能の評価が高いデミオですが、やはりいいところばかりではありません。

続いて、デミオの口コミの評価の中でも辛口なものを紹介します。

デミオの評価から辛口なものをまとめて紹介。

デミオで不満に感じたり、改善してほしいと感じるのは似たようなものばかりでした。

  • 後部座席の狭さ
  • 収納スペースの少なさ
  • リアの突き上げの大きさ
  • ディーゼルのDPF再生の手間
  • ナビ画面の小ささ

デミオの口コミの辛口評価

リアタイヤの突き上げがきつい
リアは突き上げがややきついです。バタバタした感じを受けます。
欧州車にあるような硬くてもしなやかな乗り心地いが欲しいです。
2018年8月投稿
収納スペースが必要最小限すぎる・・
収納スペースは、本当に少ないです。必要最低限といったところでしょうか。
たまにしか使わないものは、車に積み込むものでない車です。
2018年8月投稿
ナビ画面が小さい・・
8インチや9インチが主流となってる昨今、オーディオレスにして市販のナビも装着可能してほしいです。
でないと7インチでは、テレビやDVD動画は見にくい気がします。
2018年7月投稿

デミオで不満に感じたり、改善してほしいと感じるのは似たようなものばかりでした。

  • 後部座席の狭さ
  • 収納スペースの少なさ
  • リアの突き上げの大きさ
  • ディーゼルのDPF再生の手間
  • ナビ画面の小ささ

デミオの評価で後部座席について気になる。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/functionality/?link_id=sbnv

デミオの後部座席は、少し狭めです。

膝前のスペース

身長160cmの人が座ると、前に15cmくらいのスペース

頭上のスペース

身長160cmの人が座ると、前に15cmくらいのスペース

女性や子供なら、窮屈に感じることはないですが、175cm以上の大柄な人が座るとさすがに窮屈に感じてしまいそうです。

デミオの後部座席は他のコンパクトカーと比べてどうなのか?

デミオは他のコンパクトカーと比較して、後部座席が狭いです。

逆にもっとも室内空間が広い車種は日産の「ノート」です。他にも「フィット」、「パッソ」、「キューブ」あたりが、広い室内空間を売りにした車種と言えます。

デミオの運転席は?

デミオの運転席は運転しやすく、長時間運転しても、疲れがたまりにくいようになっています。

マツダの人間中心の設計が随所に現れています。

シートは長時間座っても、体が痛くならない形状。スピードメーターがフロントガラスに投射されたり、ナビを高く設置することで、視線の移動を最小限にしています。

”走る歓び”をテーマにするマツダは、運転する人の快適性については力を入れていますね。

どんな車にも、かならず不満なところはあります。これらのデミオの欠点がどうしても許容できそうにないと感じたら、他の車種を検討するのもいいかもしれません。

逆に、デミオのデザイン性や加速性能に魅力を感じたなら、購入して損はない車です。

マツダの車はデミオを始め、CXシリーズにおいても、評価が高い車ばかりです。そうなると買取価格も安定してくることが予想できます。

国産コンパクトカーにおいて、デミオはおすすめできる車種です。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-