下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

デミオのスペックは優れた性能を持ち、力強いパワーと静粛性を兼ね備えた優秀な車です。

特にデミオのクリーンディーゼルエンジンは、高い走行性能と快適性を実現しておりコンパクトカーとしては初めてのクリーンディーゼルエンジンを搭載した車種でもあります。

デミオのスペックと走行性能や乗り心地について詳しくご紹介していきましょう。

デミオのスペックの概要一覧

マツダ・デミオのカタログスペックの中で、加速性能に関わるエンジン・燃料系のスペックを確認して行きます。

15C(ガソリンエンジン仕様)
エンジン型式:P5-VPS
最高出力:110ps(81kW)/6000rpm
最大トルク:14.4kg・m(141N・m)/4000rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブm
総排気量:1496cc
内径X行程:74.5mm×85.8mm
圧縮比:12.0
過給機:なし
燃料供給装置 筒内直接噴射:(DI)
燃料タンク容量:44リットル
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
XD(クリーンディーゼルエンジン仕様)
エンジン型式:S5-DPTS
最高出力:105ps(77kW)/4000rpm
最大トルク:25.5kg・m(250N・m)/1500~2500rpm
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ(ディーゼル)m
総排気量:1498cc
内径X行程:76.0mm×82.6mm
圧縮比:14.8
過給機:ターボ
燃料供給装置:電子式(コモンレール)
燃料タンク容量:44リットル
使用燃料:軽油

デミオのカタログスペックの用語解説

エンジン形式
シリンダーの配列により、直列・水平対向・V型などエンジンの型が分けられており識別番号を見ればエンジンのタイプが認識できます。
最高出力
最高出力のpsは馬力を意味しており、rpmは毎分のエンジンの回転数を表しています。
出力が上がればエンジンのパワーも大きくなるため坂道での走行でも、楽に上ることができスピードも出やすくなります。
最大トルク
トルクとは、自動車の加速性能と密接に関係しており最大トルクが大きいほど車体重量のある車では重要となってきます。
ディーゼルエンジンでは、ガソリン車と比較するとトルクが大きいことが特徴的です。
水冷直列4気筒DOHC16バルブ
水冷とは、シリンダーブロックの部分に冷却水路設置さており、水が循環することによりエンジンを冷却するシステムです。
直列4気筒は4本のシリンダーが直列に配置された型式のことを指します。
DOHCはダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフトぼ略称で、吸排気バルブと排気バルブが独立して2本のカムシャフトで動かしエンジンの回転数を高くでき高出力が容易に得られるメリットがあります。
総排気量
総排気量とはエンジン内部で燃料が燃焼する容積のことを指しています。
排気量が大きい車程パワーのあるエンジンを搭載しているということで最高速度や加速力なども比例して大きくなり税金の金額も排気量により異なります。
内径X行程
エンジン内部のシリンダーの大きさを表し内径はシリンダー内側の径で、行程はピストンが動く距離のことを指しています。
デミオは内径よりも行程が長く、トルクを出しやすいロングストロークエンジンです。
圧縮比
圧縮比とは、エンジン内部でピストンが空気(混合気)を吸い込んで、圧縮させて爆発を起こして動力にしているのですが、どれくらいの空気(混合気)を圧縮しているかの数値が圧縮比です。
圧縮比が増えればエンジンのパワーは上がります。
燃料供給装置
燃料供給装置とは、ガソリンタンクの燃料をエンジンへ供給することが目的であります。
燃料供給装置の部分は別名フューエルデリバリーと呼ばれることもあり燃料はガソリンタンクに一旦貯められると、燃料ポンプを経由してインジェクターにより霧化された後に、空気と混ざり合って混合気に変化してシリンダーへと送られます。
インジェクターのノズルから燃料を噴射するため、フューエルインジェクションシステムとも呼ばれることもあります。
ガソリンエンジンでは、燃料供給の方式には直噴射式とポート噴射式があり、ディーゼルエンジンではコモンレール式を採用している車が多くデミオのディーゼルエンジンでもこれに該当します。
過給機
過給機とは、空気をエンジンへ供給するためのシステムのことを指します。
過給機エンジンでは、エンジンの吸気行程でピストンが低下した場合に送風機のようなもので空気を大量にシリンダへ流し込みます。

デミオのスペックと静寂性と快適性

デミオは様々な工夫と技術により他のコンパクトカーに比べてとても静かで快適な乗り心地を実現した車です。
デミオの静粛性について詳しくご紹介しましょう。

デミオの静粛性

新型のデミオではガソリンエンジン仕様車のSKYACTIV-Gエンジンは、1,300ccから1,496ccに変わり、従来のエンジンよりも出力では18ps,トルクは20N.mもアップグレードして余裕のある力強さを体感できガソリン車にはフロントウインドウシールド遮音ガラスを使用し静粛性がアップしています。

クリーンディーゼルエンジン仕様車の場合トルクのスペックは、250N・mとガソリン仕様車の倍のパワーもあり発進時はアクセルを強く踏み込まなくてもスムーズに加速し音や振動も気になることもなく、静寂性も抜群に良く他のコンパクトカーに比較してもかなり優秀な部類に入るでしょう。

クリーンディーゼルエンジン仕様車のエンジンには、「ナチュラル・サウンド・スムーザ」と「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」の技術によりディーゼルエンジン特有のノック音も低減されており6速ATを搭載することでエンジン音を抑制できる効果もあり相性も良好です。

更にデミオのクリーンディーゼルエンジンは、通常では得意としない高速域での場面でも苦にしないので完成度の高いディーゼルエンジンに仕上げられています。

デミオはヨーロッパでも人気の車ということもあり、時速200キロを想定した欧州基準の規格で設計されていることが高い静粛性に大きく関係していると言えるでしょう。

デミオの快適性

デミオは硬いサスペンションの効果により安定感も増し、特に高速域での走行では高い安定性を実感できます。

市街地での乗り心地は多少の段差でも振動は伝わりますが、不快なものでなく快適性には影響はありません。

デミオのシートは体を包み込むようなデザインで、従来のシートに比べフィット感もあり長時間の運転でも快適でアクセルペダルは、オルガンペダル式の構造で疲労感を軽減してくれます。

特にコーナーリングや高速走行では、左右に大きくふられる感じはなく路面をしっかり捉えた印象でしなやかな走りを感じられることでしょう。

デミオのスペックとディーゼルエンジンの実力は?

マツダ・デミオは、世界初となるコンパクトカーにクリーンディーゼルエンジンを搭載した車種です。

マツダ・デミオのディーゼルエンジンの特徴はパワフルなトルクと高い静粛性にありクリーンディーゼルエンジンの最大トルクは25.5kg・mと1500ccのコンパクトカーとは思えない程の力強さを発揮し3000ccクラスと同等レベルの高性能のパワフルなエンジンを搭載しています

マツダ・デミオはコンパクトカーの軽いボディーに、25.5kg・mの高トルクを積んでいるため加速性能はコンパクトカーの中では群を抜いてトップクラスの性能と言えるでしょう。

デミオはガソリン車も完成度の高い出来ですが、個人的にはクリーンディーゼルエンジンのパワフルな走りもおすすめです。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-