引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

マツダ・デミオはコンパクトカー市場で高い人気を誇っていますが、実際のサイズ感はどうなのでしょうか?市街地での使い勝手やライバル車種との比較、車両重量と走行性能性能のバランスについて調査しました。

 

【マツダ・デミオ】サイズ感は市街地ではどう?最小回転半径は?

早速ですが、マツダ・デミオのサイズは下記になります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/#demio

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/#demio

 

コンパクトカーとしては、標準的なサイズ感となりますが、実際に市街地でマツダ・デミオに乗るとどうなのでしょうか。

市街地の特性としては、ストップ&ゴーが多く、狭い路地や駐停車も多く想定されます。

そのため、運転テクニックと合わせて車の走行性能やサイズ感が非常に重要です。

一般的にコンパクトカーの特徴として、「維持費が安い」「取り回しが楽」などが上がられます。

マツダ・デミオも例外なく、非常に取り回しが楽な車です。

コンパクトな車体なので、市街地の狭い路地などでも存分に活躍してくれます。

また、燃費も非常に良いので、ストップ&ゴーの多い市街地でも高いパフォーマンスを披露してくれます。

そして、車体がコンパクトで取り回しが楽なので、駐車が苦手なユーザーにも駐車しやすいと人気です。

ちなみに、デミオの最小回転半径は、15インチタイヤ装着車が4.7m、6インチタイヤ装着車が4.9となっています。

こちらもコンパクトカーの中では標準より少し高い数値となっていて、非常に小回りが利くことが伺えます。

実際に使用しているユーザーからも、市街地での乗りやすさや取り回しが楽なことについて非常に評判が高いです。

以上をふまえると、市街地で走ることがメインのユーザーにも、マツダ・デミオは非常にオススメな車と言っていいでしょう。

 

【マツダ・デミオ】ライバル車種とサイズ比較

コンパクトカー市場で長く人気を保っているマツダ・デミオですが、ライバル車種のサイズも気になるところですよね。

ここでは、マツダ・デミオと同じく人気なスズキ・スイフトと日産・ノートを対象にサイズを比較しました。

まず、マツダ・デミオのボディサイズは、全長4,060mm×全幅1,695mm×全高1,500mmです。

対して、スズキ・スイフトのボディサイズは、全長3,840mm×全幅1,695mm×全高1,500mmです。

日産・ノートのボディサイズは、全長4,100mm×全幅1,695mm×全高1,525mmです。

数字で見るとマツダ・デミオはコンパクトカーの中で標準的なモデルとみて良さそうです。

マツダ・デミオを実際に見ると、デザイン性の高さからサイズ以上の存在感を感じますが、コンパクトカー特有のサイズ感もしっかり保っています。

続いて、室内と後部座席の広さを比較してみます。

まずマツダ・デミオの室内の大きさは、室内長1,805mm×室内幅1,445mm×室内高1,210mmです。

続いてスズキ・スイフトの室内寸法は、室内長1,910mm×室内幅1,425mm×室内高1,225mmとなっています。

そして、日産・ノートの室内寸法は、室内長2,065mm・室内幅1,390mm・室内高1255mmとなっています。

デミオは幅が長く左右席の間にスペースがあるのが特徴です。

全体の室内空間の広さとしては、若干スズキ・スイフトと日産・ノートに軍配が上がりますが、質感を重視される方は高級感のあるマツダ・デミオを選択している傾向にあるようです。

 

【マツダ・デミオ】車両重量と走行性能のバランスは?

ここではマツダ・デミオの車両重量と走行性能のバランスについてご紹介します。

まず車両重量とは、ドライバーも含め誰も乗っておらず、荷物も積んでいない状態で、燃料を満タン、オイル・冷却水なども規定量入った、すぐに走行可能にした車両の重さのことです。

車の重さは軽ければ軽いほど燃費が良くなり加速やブレーキなどの走行性能も良くなります
ただし、軽すぎると横風に煽られやすいので、高速道路などでの走行性能が落ちますし、ボディの剛性・安全性にも関わってきます。

マツダ・デミオの車両重量は1,050〜1,220kgです。

他のコンパクトカーと比較すると、こちらも標準的な重量となっています。

車両重量には先ほど述べたように、走行性能に影響してきます。

マツダ・デミオは、ガソリンエンジンモデル全車にSKYACTIV-G 1.5を採用し、コンパクトカーの概念にとらわれない余裕の排気量によって、思い通りのスムーズな加速を実現しています。

日常の市街地走行から高速走行まで、幅広いシーンでストレスのない快適な走りを楽しめるので、走行性能は非常に高いです。

車両重量も軽すぎず重すぎずという点が重要になってきますので、車両重量と走行性能のバランスをマツダの開発陣は徹底的に追求し、マツダ・デミオに注ぎ込んでいます。

マツダ・デミオを購入後、大幅なカスタムを検討されているユーザーは、パーツが及ぼす影響を車両重量と走行性能のバランスという観点で見ると、またワンランク上のカスタムができるのではないでしょうか。

 

 

【マツダ・デミオ】サイズ感を調査についてのまとめ

今回はマツダ・デミオのサイズをご紹介し、ライバル車種と比較してみました。

また、車両重量も取り上げましたが、車両重量は走行性能に大きな影響を及ぼすことがわかりました。

マツダ・デミオの人気が高い理由に、今回ご紹介した万人から愛されるサイズ感と素晴らしい走行性能も挙げられます。

車を購入する時には運転のしやすさにも直結するサイズ感が重要になってきますが、

いろんな車種を比較しつつ、マツダ・デミオのサイズ感を体感して見ると、その魅力に気づくことでしょう。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-