下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

マツダ・デミオは長く愛されている車ですが、これまでのモデルチェンジでは毎回驚きと感動をユーザーたちに与えてくれました。そこで今回はマツダ・デミオの次のモデルチェンジについて、時期と内容を大胆に予想しました。

 

【マツダ・デミオ】これまでのマイナーチェンジ

マツダ・デミオはデビューから20年が経過しましたが、これまでのマイナーチェンジでは、それぞれの特徴や前モデルからどの様な変化があったのか振り返りたいと思います。

 

初代マツダ・デミオ(19962002

1990年代当時マツダは経営不振に陥っていました。立て直す一手として、当時のミニバンブームに追随する形で、短期間で小型ワゴンであるデミオが開発されました。

短期間で設計したため、構造、デザインともに素っ気ないものでしたが、逆にバブル崩壊後の世相にマッチし、幅広い層の支持を受けました。

 

2代目マツダ・デミオ(2002~2007)

2代目は、車内は広く、実用的であるコンパクトカーであった初代を継承しながら、エンジンや車の形を一新したモデルとなりました。

エンジンは、当時では最新のエンジンが導入され、注目を集めました。

2代目以降、マツダ・デミオはマツダの中で、運転しやすくお値段に優しい車種としてその地位を確立していきます。

 

3代目マツダ・デミオ(2007~2014)

歴代のマツダ・デミオは、汎用ミニバンというコンセプトでしたが、3代目では背面ドアを設けるなどして、欧州市場に進出することに注力したモデルチェンジとなりました。

また、3代目でも車のデザインが変更され、歴代より小型化、そして軽量化が図られています。

さらに、エンジンも変更され、さらに燃費が良くなりました。

 

現行型マツダ・デミオ(2014年〜)

コンセプトを「魂動-Soul of Motion」として、爆発的な前進感のあるデザインにリニューアルされました。

また、ヘッドランプは野生動物の鋭い目に見立てられ、車全体として、生き生きとした表情と生命感あふれる立体的な造形となっています。また、エンジンも、既存のガソリンエンジンに加え、ディーゼルエンジンが設定されました。

現在も新車の受注数は多く、安定的な人気となっています。

 

【マツダ・デミオ】次のモデルチェンジ時期と内容を予想をしてみる

現在で4代目となっているマツダ・デミオですが、フルモデルチェンジとなる5代目の登場はいつなのか楽しみですよね。

ここでは今までのモデルチェンンジの内容を踏まえて、マツダ・デミオのモデルチェンジ時期とその内容を予想してみます。

まず気になるフルモデルチェンジ時期ですが、2020年前半ではないでしょうか。

デミオはフルモデルチェンジまでの期間が6〜7年で推移しています。

単純にこのデータを見ると2020年・2021年あたりが濃厚なのではないかと私はみています。

現行型である4代目マツダ・デミオは、2018年8月にマイナーチェンジを実施していますが、新ガソリンの設定がメインで、見た目や装備に大きな変更はありません

そのことからも、フルモデルチェンジが近いことをうかがわせます。

また、最新の魂動デザインや新開発エンジンを採用する、次世代スカイアクティブ商品群のトップバッターとして、新型アクセラが2019年春頃までに登場予定です。2013年に登場したアクセラが先にフルモデルチェンジすると、2014年発売のデミオは翌2020年にリリースと考えるのが自然ではないでしょうか。

そしてモデルチェンジの内容ですが、今回も大胆なデザインの変更が期待できます。

マツダのデザインテーマ「魂動 -Soul of Motion」を採用した4代目ですが、ラインナップを通して統一性をもたせ、マツダ車は車種別に見ても、それぞれのカテゴリーで高い評価を得ています。

それを考えると新型アクセラのデザインが参考になりそうですね。

そして、常にマツダ社の革新的な最新技術が搭載されてきたマツダ・デミオだけに、

次回のモデルチェンジでは、新開発ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載することが期待されています。

「SKYACTIV-X」について簡単に説明すると、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良いところを融合した次世代という名に相応しいガソリンエンジンで、燃費性能とトルクがこれまでのエンジンよりアップしています。

 

 

【マツダ・デミオ】値引きを狙うならモデルチェンジ前!

新車を購入する際には、大幅な値引きを期待できるタイミングがあります。

キャンペーン月やディーラーの在庫事情など背景は様々ですが、モデルチェンジもその一つです。

モデルチェンジが発表されると、現行で売られている車は旧型車になってしまいます。

ディーラー側としては、モデルチェンジした新車を販売する為に、現行車に関しては大幅に値引きしてでも早く売り切りたいと考えます。

その為、基本的には大きく値引き出来ると言われていて、このモデルチェンジ発表後を狙って新車に買い替えるユーザーもいます。

しかし、実際にはモデルチェンジが予定されていても延期になる事もありますし、モデルチェンジ発表後を狙って購入するのは中々難しいかもしれません。

ただ、マツダ・デミオを購入する上で、一つの情報として知っておくと購入する際のタイミングを把握できます。

現在現行型として発売されているのは4代目マツダ・デミオですが、大幅な値引きを期待するなら、モデルチェンジを待つのも一つの手段でしょう。

 

【マツダ・デミオ】次のモデルチェンジはいつ?時期と内容を予想についてのまとめ

今回はマツダ・デミオのこれまでの歴史を振り返りつつ次のモデルチェンジについて、時期と内容を予想しました。

またモデルチェンジ前は新車の値引きが期待できますので、ぜひそちらも参考にして見てください。

次回のマツダ・デミオのモデルチェンジはまだ発表されていませんが、非常に楽しみですね。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-