引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

マツダ・デミオを購入してからの駐車場所として、機械式駐車場を検討している方はサイズが気になるところですよね。今回はマツダ・デミオと機械式駐車場の一般的な規格、そして雨風から外装を守る方法をご紹介します。

 

【マツダ・デミオ】外寸(横幅・長さ・車高)

早速ですが、デミオの全体的な外寸をご紹介します。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/#demio

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/#demio

まず、車の最大車体寸法は排気量によって決定されています。

軽自動車でもそうですが、普通小型車の場合、下記に定める規格を一つでも外れると、一つ上のナンバープレートとなってしまいます。例えば5ナンバー車(小型車)でも排気量が2500ccあれば3ナンバーになってしまいます。

マツダ・デミオは5ナンバーに分類されます。

実際にデミオを見て見ると、外国産の車の様なデザインの要素が含まれていて、実際の寸法よりも大きく見えるのが印象的です。

いわゆるコンパクトカーというジャンルに分類されるマツダ・デミオですが、そのサイズ以上の存在感を醸し出しています。

しかし、マツダ・デミオを運転してみると、迫力があり実際の寸法より大きく感じる見た目と違って、運転のしやすい大きさとサイズ感が実感できます。

取り回しが楽なので、駐車が苦手なユーザーにもオススメです。

バックミラーやサイドミラーも非常に見やすく、駐車時の後方確認で後に振り返って見ても、リヤのハッチゲートまでの距離が短く感じて非常に見やすいです。

マツダ・デミオであればコンパクトカーの標準的なサイズ感ですので、車庫入れの感覚も掴みやすいでしょう。

マツダ・デミオは、見た目はスタイリッシュで運転が苦手な方でも取り回しが楽な操作性とサイズ感で素晴らしい魅力を兼ねそろえた車です。

 

【マツダ・デミオ】機械式駐車場の一般的な外寸と車両重量制限

先ほどご紹介した様にコンパクトなサイズのマツダ・デミオですが、機械式駐車場には駐められるのか気になるところですよね。

機械式駐車場とは、昇降機とパレットなどによって機械的に出し入れする駐車場のことを指します。 2階建て・3階建て、または地下につくり、機械によって上下左右を移動させることのできる駐車場です。

限られたスペースに多くの車を駐車できるので、都心のマンションなどに多く採用されています。

駐車できるサイズも様々で、近年ではワゴン車の様な大型車の収納も可能になった、機械式駐車場も設置されています。

気になる機械式駐車場のサイズですが、一般的に設置されている機械式駐車場は、

長さ4850×幅1850×高さ2100mmまでの車を止めることが出来る仕様となっています。

マツダ・デミオのサイズに置き換えてみると問題なく駐車できますね。

また、機械式駐車場には車両重量制限もあります。

こちらも、多く設置されている機械式駐車場の規格では、1800kgまでの車種が対応可能となります。

マツダ・デミオの車重は1030〜1220kgとなりますので、こちらの基準も問題なく満たしています。

以上のことから、マツダ・デミオは一般的な機械式駐車場には問題なく対応できることがわかりました。

しかし、あくまで一般的なサイズですので、マツダ・デミオの駐車を検討している機械式駐車場が基準を満たしているか、必ず確認してから使用する様にしてください。

自宅アパートの近くで駐車場を借りる

セカンドカーとしてデミオを購入したため、自宅アパートの駐車場が満杯で使えない場合、ほかの月極駐車場を借りることになります。しかし、探すとなると、なかなか空いていないんです。利便性のいい場所や安い駐車場はすでにいっぱいです。

しかし、駐車場がないわけにはいかないので、何とかして探すしかないとなると、自宅から遠かったり、料金が高かったりします。

「車のローンよりも駐車場代の方が高い」とか、笑い事にならないです・・。

安く借りられる方法は、主に2つです。

  • 知り合いのツテを頼る
  • 仲介業者から借りる

知り合いのツテを頼りに、駐車場を持っている人を探す。もう一つは、駐車場の仲介サービスを使うことです。

東京や大阪など都心に住んでいると、知り合いのツテはなかなか頼りにできません。そこで、アパートと同じように、駐車場も業者に仲介してもらうことで、安く借りられることがあります。

仲介業者の場合、アパートと同じように、空いているよりも、1円でもいいから借り手がいる方がメリットがあります。そのため、東京や大阪など主要都市で、何とかして安く駐車場を探したいという場合便利です。

安い価格で月極駐車場を探す(公式サイトへ)

 

【マツダ・デミオ】雨や風から外装を守る

近年、日本では極端なゲリラ豪雨や台風が多く発生しています。

せっかくスタリッシュやマツダ・デミオも、雨風にさらされることで塗装の劣化や傷が発生してしまうというリスクがあります。ここでは、駐車時に雨や風からマツダ・デミオの外装を守る方法をご紹介します。

まず、根本的な方法として駐車場所に配慮するということが挙げられます。

雨や風から外装を守るためには、「雨や風の影響を受けない」ということが一番です。

地下や屋根が設置されている機械式駐車場を始めとした全天候対応型の場所では、屋内の駐車場より気候の影響を受ける心配がなくセキュリティ面でも安全です。

しかしながら、屋外の駐車場を利用せざるを得ないユーザーも多くいると思います。

その様な方には屋根を設置することをお勧めします。

屋外ではありますが、屋根があることによって雨や風は軽減できます。

屋外では、屋根がないと風雨や直射日光にさらされるため、車が劣化しやすくなります。

新車だと特に嫌ですよね。

そして、月極駐車場などで屋根が設置できないユーザーは、カバーをかけると良いでしょう。

雨や風などの自然以外にも、外での駐車はさまざまなリスクがあります。
例えば、鳥の糞や野良猫や野良犬の引っ掻き傷なども防ぐことができます。

また、盗難防止としても役立ちます。

車内が見えないのとカバーを外さなければならない手間がかかり、カバーのかかっている車は盗難されにくい傾向にあります。

車の外装を綺麗に保つためには駐車場所や対策が非常に大切です。

マツダ・デミオのいい状態で長く乗るためにぜひ参考にしてみてください。

 

【マツダ・デミオ】機械式駐車場の外寸制限を確認しておくのまとめ

今回はマツダ・デミオの外寸と機械式駐車場の一般的な外寸、雨や風から外装を守る方法をご紹介しました。

マツダ・デミオはコンパクトなサイズですので、一般的な機械式駐車場では問題なく駐車できそうですが、必ず駐車する前にサイズを確認してください。

また雨や風から外装を守るためにできるだけの工夫を行い、マツダ・デミオを少しでも長く綺麗な状態で乗り続けましょう!

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-