下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

デミオには様々な安全装備が搭載され厳しいテストをクリアしており安全性能も実証済されています。

安全性能は車を評価する上で大きな基準でもあり近年では、対人ブレーキなど各社が競って先進的な安全装備により事故を未然に防ぐ開発が活発に行われています。

今回はデミオの安全性能と安全装備について詳しくご紹介していきましょう。

デミオの安全装備と対人の安全性能

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/?car_id=demio

新型デミオにはマツダの先進技術により開発されたi-ACTIVSENSEという高度な安全装備が搭載されドライバーの安全をサポートしてくれる心強い味方です。

デミオのi-ACTIVSENSEがどのような安全機能なのかを見ていきましょう。

デミオのブレーキの安全装備

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
前方に搭載されているカメラが歩行者や障害物を検知して、サポートシステムが自動制御して危険を回避をします。
車両では約4~80km/h、対人では約10~80km/hで作動しドライバーがブレーキを踏むと、システムがブレーキングをアシストしてくれます。
もしドライバーが回避行動をとらなかった場合には自動でブレーキが働きます。
AT誤発進抑制制御
アクセルとブレーキの踏み間違いにより急発進の危険性を抑制し、後退中に必要以上にアクセルが踏まれた場合に急加速を抑制してくれます。
スマート・シティ・ブレーキ・サポート
赤外線レーザーレーダーで前方の車や障害物を検知し、自動的にブレーキが作動します。
4〜30km/hの低速走行中や8km/h以下での後退時に、超音波センサーが障害物を感知し衝突の危険性がある場合にブレーキを自動制御し衝突の被害を軽減するシステムです。
スマートブレーキサポート(SBS)
ミリ波レーダーが前方の車を認識し悪天候でも影響なく、離れた先行車までしっかりと検知します。
15km/h以上のスピードで走行中に衝突の危険性があると判断した場合には、警報と表示でドライバーに知らせ危険と判断した時には、速やかに自動ブレーキが作動して危険の回避もしくは被害の軽減に努めます。

デミオの安全性能のサポートシステム

マツダ・レーダークルーズコントロール(MRCC)
30〜100km/hのスピードで走行中、ミリ波レーダーが自動で車間距離を保ってくれる便利な機能です。高速道路での長時間の運転では、ドライバーの疲労軽減に役立ちます。
リアクロストラフィックアラート(RCTA)
駐車場や自宅から後進して出る場合に、接近する車を検知し、駐車場からスムーズにでるアシストをしてくれます。
後方から接近してくる車を検知して警報音でドライバーに知らせ駐車場の両サイドに大型の車が止まった場合など死角となる場面では特に役立つ安全機能です。
ドライバーアテンションアラート(DAA)
動き始めた直後のドライバーの65km/h以上のスピードで走行した際の運転操作と車の動きを記憶し通常の運転と違うと認識した場合にドライバーに休憩を促してくれる機能です。
疲労からくる判断力の低下や居眠り運転の防止にもつながり事故を未然に防いでくれる安全をサポートしてくれる便利な機能です。
ブラインドスポットモニタリング(BSM)
高速道路や一般道での合流地点で車線変更をする際に、後方からくる車との距離感が分からないなど苦手にしてる方も多いでしょう。
ブラインドスポットモニタリングは、隣の車線後方から接近する車を検知し、ドアミラー鏡面のインジケーターがお知らせしてくれます。
無理にウインカーを出そうとすると、警報音と表示で車線変更をストップするように知らせてくれます。
15km/h以上の速度で走行してる場合に、ドアミラーからは死角となる斜め後ろに車が接近してきたら、ドアミラーについているインジケータが点灯してドライバーに注意を促します。
インジケータが点灯した状態でウインカーを操作すると警報音が鳴りドライバーに知らせます。
ヘッドライトを点灯していない車や、天候不良で視界にとらえにくい車も検知してるためとても便利で高齢者の方にも優しい安全機能と言えるでしょう。
車線逸脱警報システム
約45km/h以上のスピードで、走行してる際に誤って車線を越えてしまいそうな場合にフロントガラスに取り付けられたたカメラで車線を認識しドライバーに警報音で危険を知らせてくれます。

デミオの対人の安全装備

ワイド配光ロービーム
40km/h以下の速度で走行中に交差点に近づくと、通常より広範囲を照らして、視界を確保します。
グレアフリーハイビーム
夜間ではなるべくハイビームを使用したくても自重する方も多いと思います。
グレアフリーハイビームは、40km/h以上の速度で走行中に対向車が来ると眩しくないように自動で部分的に消灯させ、対向車に配慮しながら気兼ねなくハイビームを使用できる機能です。
ハイウェイモード
高速道路で95km/h以上のスピードで走行中により遠くまで見えるように、ヘッドライトの光軸を自動的に上げて前方の障害物や標識を早めに認識しできる機能です。
ハイ・ビーム・コントロールシステム
対向車のヘッドライトや前方を走行する車のテールランプを検知して自動で、ハイビームとロービームを切り替えてくれる機能で夜間の視界の確保をサポートしてくれるシステムです。

以上の様にデミオには、様々な充実した安全装備が備わっており高い安全性が確保されています。

デミオの安全装備とブレーキの性能の高さ

デミオの安全性能の高さには安全ブレーキのシステムが充実していることにあるでしょう。

ブレーキシステムの中でも、最も重要な役割のアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートは歩行者に対して10km/h~80km/hの領域の中で作動し前方部分に取り付けられた内臓のカメラが歩行者を素早く検知します。ドライバーにディスプレイと警報で危険を知らせてくれブレーキペダルを踏みこむとブレーキングをアシストしサポートしてくれる優れものです。

仮にドライバーが気付かずにブレーキ操作を怠った場合には、システムが自動的に判断してブレーキを作動させ危険を回避してくれます。

デミオの歩行者に対する安全ブレーキとしては極めて高い性能を誇ります。

デミオの安全性能の評価

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/demio/safety/i-activsense2/

デミオは最高区分に属するセーフティ・サポートカーSワイドを、全グレードにて標準装備しており安全性能に力を入れた車です。

デミオのセーフティ・サポートカーSワイドとは何?

経済産業省や国土交通省などが推し進めているセーフティ・サポートカー制度は新しい自動車安全コンセプトの一つとして注目を浴びており全部で4つの区分に分けられています。

セーフティ・サポートカーS(ワイド)
被害軽減ブレーキ(対歩行者)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置
車線逸脱警報
先進ライト
セーフティ・サポートカーS(ベーシック+)
被害軽減ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置
セーフティ・サポートカーS(ベーシック)
低速被害軽減ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置
セーフティ・サポートカー
被害軽減ブレーキ

以上の様に安全機能の内容により対象区分が決まりデミオでは一番上のランクのセーフティ・サポートカーSワイドに属しています。

デミオは積極的に安全面に対して力を入れていることも、高評価できるポイントです。

しかし忘れてならないのは、安全装備はあくまでもドライバーの運転をサポートすることが、目的であり事故を100%防げるものではないということを十分理解した上で安全に気をつけながらデミオでドライブを楽しみましょう。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-