引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/mist-maroon/?link_id=sbnv

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

マツダ・デミオはスタイリッシュなデザインが人気ですが、さらに自分好みにかっこよく改造したいと思うユーザーも多いと思います。今回は改造パーツとマフラーや、車検を通るについての仕様、そしてオススメのカスタムエアロパーツをご紹介します。

 

【マツダ・デミオ】改造パーツとマフラー

まず一口にエアロパーツを改造するといっても、ワンポイントになるものからエアロパーツの方が車より目立つような大きなものまで色々な種類があります。改造パーツにはどんなものがあるのかをご紹介します。

まずエアロパーツとは、「Aero Parts」と英語でも書くように空気力学的に考えられた自動車部品を指します。

主に走行中に生じる空気抵抗の減少や、運転を快適にしていくこと見た目をさらにオシャレにかっこよくすることが目的で装着されます。

エアロの改造パーツの例としては車のバンパーの形状を変えた「フロントスポイラー」や、サイド部に装着する「サイドステップ」、後部に装着する「リアスポイラー」などが一般的です。さらに、後付けパーツとして「GTウイング」「カナード」など本当に様々な種類のエアロパーツがあります。

また空気抵抗だけではなく、エンジンやブレーキの冷却目的や車体の汚れを防止する機能もあるので、使用用途に合わせて着脱できるところと合わせてメリットです。

見た目をかっこよくしたいということであればエアロパーツを付けることによって、ノーマルよりも引き締まるイメージになるものを選ぶと良いでしょう。
また、エアロパーツを付けるときに一緒に替えたいのはマフラーです。

せっかく改造パーツを付けていても、マフラーが純正のままだとアンバランスなイメージになりがちで、そこだけが悪目立ちしてしまうということにもなりかねません。

せっかく改造パーツを使用したのにもったいないですよね。

ですので、エアロとマフラーの改造パーツはセットと考えてカスタムをしてみることをオススメします。

 

【マツダ・デミオ】車検を通るカスタム仕様

マツダ・デミオを長く乗るために車検を定期的に受ける必要があります。

しかし車検には保安基準適合があり、それを満たしていないカスタム仕様は、車検に通らないという場合も割と頻繁にあります。

マツダ・デミオをカスタムする場合には、しっかりと車検を通るカスタム仕様にしましょう。

まず、エアロパーツですが、ディーラーが販売する純正品と社外品があります。

近年、社外品の多くは「保安基準適合」を強く意識して販売していますし、製造サイドの信用に関わるため、マツダ・デミオ用に販売されているエアロパーツは、逆に基準を満たしていないパーツを探すのが難しいような状況です。

取り付けるエアロパーツの保安基準適合が確認できていて装着する分には、車検は問題なく通ります。

エアロパーツは、確実に固定されていれば何も問題ありませんが、割れている場合や鋭利な形状の場合は交通の妨げの原因になる危険があるので、車検に通らないケースがあります

純正品のエアロパーツなら間違いなく安心ですが、社外品の場合はエアロパーツが尖っていないかも確認して買いましょう。

また、エアロパーツを取り付けることで車高が下がった場合にも注意は必要です。

保安基準によれば「車高は地上から9センチ」と記されています。

車検で言う「地上から」ですが、ボディを含む構造物以外の稼働する部分は対象外です。

走行中に明らかに動かない部分が基準となりますので、「マフラー」などは対象になります。 

また、自動車メーカーが公表している「地上高の基準」は車検の「最低地上高の基準」と異なる場合もあります。

理由は、自動車メーカーが届け出をしている最低地上高が可動部分を含めているケースもあるからです。

さらに、エアロパーツの種類によっては車の全長が少し長くなることもあります。

自動車には、3ナンバー車は全長±30mm、全幅±20mm、5ナンバー車は全長±30mm、全幅±20mmという基準がありますので、この基準を満たしていないと、車検に通りません。

以上を踏まえて、車検を通るカスタム仕様でマツダ・デミオをかっこよくしましょう。

 

【マツダ・デミオ】おすすめエアロパーツを紹介

先ほどもご紹介しましたが、エアロパーツには純正品と社外品があります。

社外品にも保安基準適合を満たしていて、安全でかっこいいマツダ・デミオ用のエアロパーツがたくさんあるのですが、筆者としては純正品やマツダ・ディーラーで購入できるエアロパーツをオススメしたいです。

ボディ全体の見た目はまとまりがあってかっこいいですし、開発陣が入念に設計しているので、安全性能・走行性能の向上も期待できます。

純正品とディーラーで購入できるマツダ・デミオのエアロパーツは、種類も非常に豊富ですので、カタログを見ていて非常に楽しむことができます。

また、エアロパーツには中古のものも販売されていますが、マツダ・デミオの中古エアロパーツは、現状ではほとんど流通していないようです。

個人的には中古のエアロパーツはオススメしません

取り付けていないパーツを中古として購入するのであればよいのですが、中古となると実際に取り付けていたパーツを外したものになりますので、キズや強度に不安が残ります。

 

【マツダ・デミオ】エアロパーツについてのまとめ

今回は改造パーツとマフラーや、車検を通るについての仕様、そしてオススメのカスタムエアロパーツをご紹介しました。

エアロパーツには非常に様々な種類があり、それぞれに役割があります。

また、改造パーツを使用することで車検を通るカスタムを意識しないといけません。

カスタムエアロパーツを使う目的はそれぞれですが、安全なドレスアップをしてマツダ・デミオで楽しいカーライフを送りましょう!

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-