下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

マツダの主力車種であるデミオは1996年にデビューして以来、3度のフルモデルチェンジをしてきました。現在のデミオはは4代目の後期にあたります。今回は、歴代のデミオの価格、サイズ、カラーの違いを調査してみました。

まずは、ざっくりですがデミオの歴史を紹介します。

1996~2002年 初代デミオ

バブル崩壊当時の世相のニーズをとらえた低価格で機能的なコンパクトカーでした。
幅広い層から支持を受けて、1996年の日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞や、RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

2002~2007年 2代目デミオ

デザインやエンジンが一新された2代目ですが、コンセプトは「自由形ワゴン」。初代の広く実用的な部分はしっかりと継承されました。特徴としては、ボディ設計の基本部分に、フォードと共同開発したマツダ・DYプラットフォームを採用したことです。

2007~2014年 3代目デミオ

これまで、ファミリー層をターゲットにしたデザインから、4代目につながる小型化、軽量化したスポーティーなデザインに一新しました。子供の時に感じた動くことへの感動「Zoom - Zoom」のコンセプトが体現されています。

2014年~  4代目デミオ

現行の4代目デミオは「クルマに命を与えること」をテーマとした「魂動」デザインが採用されました。エンジンには「SKYACTIV」が搭載され優れた燃費性能と走行性能が両立されています。また、クリーンディーゼルエンジン仕様車も登場しました。
2018年8月より4代目デミオはマイナーチェンジし15Cがベースグレードとなっています。

デミオの新型と旧型の価格

歴代デミオの販売価格をみていきましょう。それぞれのデミオがリリースされた年の、ベースグレード車と最高グレード車の価格になります。
初代デミオ
ベースグレード車 L 5MT  959,000円
最高グレード車 GL-X 4AT 1,544,000円
2代目デミオ
ベースグレード車 カジュアル 5MT  1,070,000円
最高グレード車 スポルト 4AT  1,535,000円
3代目デミオ
ベースグレード車 13F 4AT 1,125,000円
最高グレード車 スポルト 5MT 1,580,000円
4代目デミオ
ベースグレード車 13C 6AT 1,350,000円
最高グレード車 13S Lパッケージ 6AT 1,717,200円
4代目デミオ2018.8
ガソリンエンジン仕様車
ベースグレード車 15C 6AT 1,393,200円
最高グレード車 15SツーリングLパッケージ 6AT4WD 2,019,600円
クリーンディーゼルエンジン仕様車
ベースグレード車 XD 6AT 1,814,400円
最高グレード車 XDツーリング 6AT4WD 2,278,800円

デミオの新型と旧型の燃費とサイズとカラーを比較

次は、歴代デミオの燃費、サイズ、カラーについて比較していきます。

初代デミオ
10モード/10・15モード燃費 18.6km/リットル
全長3800mm×全幅1650mm×全高1500mm
室内長1725mm×室内幅1375mm×室内高1240mm
カラー(初代デミオ後期)
クリスタルブルーマイカ
サンライトシルバーメタリック
クラシックレッド
ピュアホワイト
イノセントブルーマイカ
ブリリアントブラック
グレースグリーンマイカ
グレイシャルシルバーメタリック
スパークリングシルバーメタリック
の9色がラインナップ

2代目デミオ
10モード/10・15モード燃費 17.2km/リットル
全長3925mm×全幅1680mm×全高1530mm
室内長1800mm×室内幅1410mm×室内高1290mm
ボディカラー(2代目デミオ後期)
ブリリアントブラック
アークティックホワイト
ストラトブルーマイカ
カーボングレーマイカ
アイシーブルーメタリック
サンライトシルバーメタリック
ウイニングブルーメタリック
スノーフレイクホワイトパールマイカ
の8色がラインナップ

3代目デミオ
10モード/10・15モード燃費 21.0km/リットル
全長3885mm×全幅1695mm×全高1475mm
室内長1815mm×室内幅1425mm×室内高1220mm
ボディカラー(3代目デミオ後期)
アクアティックブルーマイカ
ブルーリフレックスマイカ
ラディアントエボニーマイカ
ディープクリスタルブルーマイカ
トゥルーレッド
アークティックホワイト
バーガンディーレッドマイカ
アルミニウムメタリック
メテオグレーマイカ
クリスタルホワイトパールマイカ
ジールレッドマイカ
ジェットブラックマイカ
の12色がラインナップ

4代目デミオ
JC08モード燃費 24.6km/リットル
全長4060mm×全幅1695mm×全高1500mm
室内長1805mm×室内幅1445mm×室内高1210mm
ボディカラー(4代目後期)
ディープクリスタルブルーマイカ
エターナルブルーマイカ
ダイナミックブルーマイカ
ジェットブラックマイカ
マシーングレープレミアムメタリック
スノーフレイクホワイトパールマイカ
ソウルレッドクリスタルメタリック
ディープクリムゾンマイカ
ソニックシルバーメタリック
チタニウムフラッシュマイカ
の10色がラインナップ

デミオの旧型を買うメリット

まずは歴代のデミオの中古車相場を調べてみました。程度にもよりますが、大体下記の価格帯になります。
初代 ~2002年
2002年式以前 5~20万円
2代目 2002~2007年
2004年式以前 5~20万円
2005年式 10~20万円
2006年式 10~20万円
2007年式 10~30万円
3代目 2007~2014年
2007年式 20~50万円
2008年式 20~50万円
2009年式 20~50万円
2010年式 30~60万円
2011年式 30~70万円
2012年式 40~70万円
2013年式 50~80万円
2014年式 50~90万円
4代目 2014~2018年
2014年式 60~130万円
2015年式 90~130万円
2016年式 90~140万円
2017年式 140万円~
2018年式 140万円~

デミオの旧型は当然ですが世代が変わると製造されなくなります。例えは3代目デミオは、いまだに根強い人気があり、4代目よりデザインが良いと言う人もいます。価格をみてみても3代目以前は60万円の予算をみておけば十分に探すことが出来ます

また、現行の4代目は2014年にリリースされて以来、4度のマイナーチェンジをしていますが、内外装については大きな変化がなく、新車とかわらず古さを感じさせないので、2014年式はかなりおすすめです。

旧型を買うメリットは、何といっても価格の安さにありますが、走行距離や状態で価格は様々です。価格以上の掘り出し物を見つけるのも旧型のデミオを買う楽しみでもありますね。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-