引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

マツダ・デミオの魅力を知るには、同じカテゴリーの車同士を比較するのが一番わかりやすいです。

今回はマツダ・デミオと似た特徴を持つ日産・ノートと価格・大きさ・燃費で比較してみました。

【マツダ・デミオ】VS【日産・ノート】価格で選ぶ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

まず価格から比較してみたいと思います。

マツダ・デミオと日産・ノート、どっちのコストパフォーマンスが良いのでしょうか。

マツダ・デミオのグレードごとの新車価格ですが、1,392,800円〜2,073,600円となっています。

ガソリン車の下位グレードが最も安く、ディーゼル車の上級グレードが最も高い価格となっています。

先進的な技術を搭載したディーゼル車が車両価格は高い傾向にありますが、燃費を見るとディーゼル車の方が優れているので、年間の走行距離が多く長い間マツダ・デミオを乗りたいというユーザーには、ディーゼル車の方がコストパフォーマンスは高いでしょう。

一方、日産・ノートのグレードごとの新車価格は、1,421,280円〜2,640,600円となっています。

日産・ノートはグレード展開が豊富で、最安値はガソリン車の下位グレードで、e-Powerを搭載した上級グレードが最も高い価格となっています。

 

グレードをまとめた全体的な価格を見ると、下位グレード同士は数万円の開きしかありませんが、上級グレード同士はマツダ・デミオの方が50万円以上安くなっています

下位グレード同士では、金額差はあまり気にせずそれぞれの内容を比較して総合的な部分で判断することができます。

一方、上位グレード同士を比較すると50万円以上の開きがあるということで、やはり予算と相談することが重要になってきます。

車を購入するときの決め手として、予算が大きなウエイトを占めるのではないでしょうか。

50万円の金額差がある場合には、よっぽどのメリットがない限り価格の高いクルマを選択しませんよね。

ではそれほどまでに大きな差が存在するのかと、上位グレード同士をコストパフォーマンスを見るとむしろマツダ・デミオの方が優れて見えます

最上級グレードを見ても日産・ノート最上級モデルより安く、燃料費の安さも考えるとマツダ・デミオのお得感が際立つのではないでしょうか。

 

【マツダ・デミオ】VS【日産・ノート】大きさで選ぶ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

続いては大きさを比較します。また、どっちの室内が広いかも合わせてご紹介します。

マツダ・デミオのボディサイズは、全長4,060mm・全幅1,695mm・全高1,500mmです。

対して、日産・ノートのボディサイズは、全長4,100mm×全幅1,695mm×全高1,525mmです。

サイズ感としてほぼ一緒ですね。どちらもコンパクトカーとしては、標準的なサイズとなっています。

続いて、室内と後部座席の広さを比較してみます。

まずマツダ・デミオの室内の大きさは、室内長1,805mm・室内幅1,445mm・室内高1,210mmです。

そして、日産・ノートの室内寸法は、室内長2,065mm・室内幅1,390mm・室内高1255mmとなっています。

デミオは幅が長く左右席の間にスペースがありますが、ノートの方が260mm長く45mm高いです。

室内空間の広さは日産・ノートに軍配が上がりますが、質感を重視される方は高級感のあるマツダ・デミオを選択している傾向にあるようです。

 

【マツダ・デミオ】VS【日産・ノート】燃費で選ぶ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

最後に燃費はどっちが優れているのか比較してみました。

価格と同じくコストに直結する部分ですので、どのくらいの差があるのかチェックして見ましょう。

まず、マツダ・デミオのカタログ燃費ですが、グレードごとに24.6km/L〜30.0km/Lとなっています

一番燃費が良いのは、やはりディーゼル車でした。

以前からマツダのディーゼル車は、燃費性能の向上や、環境を考慮した新技術の研究に余念がなく、他のメーカーのディーゼル車と比較しても、トップクラスの能力を持っています。

対して日産・ノートのカタログ燃費は、23.4km/L〜34.0km/Lとなっています。

e-Powerを搭載したグレードが一番高い数値を記録しました。

e-Powerは新しいハイブリッドの形として日産が満を持して発表した新技術です。

単純に数字を比較して見ると日産・ノートのe-Powerが一番優れていると言えますが、考慮しないといけないのは燃料が違うということです。

マツダ・デミオのディーゼル車は燃料が軽油です。

軽油は価格も安いので、ガソリン車なら33km/L程度と換算できます。

そうなると上位グレード同士でも車両価格ほどの差はないので、マツダ・デミオの方がコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

 

【マツダ・デミオ】VS【日産・ノート】比較のまとめ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/special-vehicles/noble-crimson/

今回はマツダ・デミオと日産・ノートを「価格」「大きさ」「燃費」で比較してみました。

マツダ・デミオと日産・ノートは、近年のコンパクトカーブームを牽引する代表的な車種といっても過言ではありません。

それぞれの魅力があるので、どっちがいいと断言することはできませんが、今回紹介した「価格」「大きさ」「燃費」はクルマ選びで大きなウエイトを占めると考えます。ぜひ参考にしてください。

 

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-