下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

今回はマツダ・デミオの性能の高さを知るために、同じタイプのコンパクトカーと徹底比較してみました。
マツダ・デミオの相手に選んだ車は、スズキ・スイフトでスポーツ性能に優れた機動性が魅力の人気の車です。
デミオとスイフトの販売価格や後部座席の広さ、さらに燃費の面ではどっちがお得なのか詳しくまとめてみました。

デミオVSスイフトの比較。どっちがお買い得?

引用:スズキ

新車の購入を決める際に重要なポイントの1つでもある販売価格ですが、デミオの新車の価格帯は、1,393,200円〜2,2719,400円の設定でスイフトでは、1,343,520円〜1,949,400円となっています。

それではデミオとスイフトのグレード別の詳しい販売価格の違いを見てみましょう。

デミオとスイフトの比較。グレード別の販売価格

マツダ・デミオの価格

15C(ガソリン車)
2WD(6EC-AT)
¥1,393,200 (税込)
4WD(6EC-AT)
¥1,598,400 (税込)
15S(ガソリン車)
2WD(6EC-AT)
¥1,490,400 (税込)
2WD(6MT)
¥1,490,400 (税込)
4WD(6EC-AT)
¥1,695,600 (税込)
15S Touring(ガソリン車)

2WD(6EC-AT)

¥1,733,400 (税込)

2WD(6MT)

¥1,733,400 (税込)

4WD(6EC-AT)
¥1,938,600 (税込)
XD(ディーゼル車)

2WD(6EC-AT)

¥1,814,400 (税込)

2WD(6MT)

¥1,814,400 (税込)

4WD(6EC-AT)

¥2,019,600 (税込)

XDツーリング(ディーゼル車)
2WD(6EC-AT)
¥2,014,200 (税込)
2WD(6MT)
¥2,014,200 (税込)

4WD(6EC-AT)

¥2,219,400 (税込)

XD Touring L Package(ディーゼル車)

2WD(6EC-AT)

¥2,073,600 (税込)

2WD(6MT)

¥2,073,600 (税込)

4WD(6EC-AT)

¥2,278,800 (税込)

以上の様にガソリン車の下位グレードが最も安く、ディーゼル車の上級グレードが最も高い価格となっています。

先進技術を搭載したクリーンディーゼル車は、人気も高く製造コストもかかっているため販売価格にも反映されており燃費のコストパフォーマンスもディーゼル車の方が良く燃料も軽油を使用しているため経済的でお得でもあるでしょう。

スズキ・スイフトの価格

XG
1200/DOHC VVT
2WD・5MT
¥1,343,520
2WD・CVT 減税
¥1,343,520
4WD・CVT
¥1,497,960
XL
1200/DOHC VVT
2WD・5MT
¥1,555,200
2WD・CVT 減税
¥1,559,520
4WD・CVT
¥1,713,960
RS
1200/DOHC VVT
2WD・5MT
¥1,685,880
2WD・CVT 減税
¥1,690,200
4WD・CVT
¥1,844,640
RSt
1000/DOHC VVTターボ
2WD・6AT
¥1,704,240
HYBRID ML
1200/DOHC VVT
2WD・CVT 減税
¥1,625,400
4WD・CVT 減税
¥1,779,840
HYBRID SG
1200/DOHC VVT
2WD・5AGS 減税
¥1,668,600
HYBRID SL
1200/DOHC VVT
2WD・5AGS 減税
¥1,949,400

スイフトはガソリン車とハイブリッド車の2つのモデルから選択可能で、ハイブリッドエンジンは、高い性能を持ち燃費効率にも優れた高性能のエンジンです。

デミオ同様にガソリン車の廉価グレードの販売価格が最も安い設定で、ハイブリッド車のハイグレードが最も高くなっています。排気量の違いや車内の質感、デザイン性などを考慮するとデミオの方がお得感があると言えるでしょう。

デミオVSスイフトの比較!グレード別の性能の差は?

デミオ
ガソリン車では、廉価グレード15Cでは安全装備は少し寂しい設定ですが、車内は高級感の感じられる上質な空間が広がっており15Sと15S Touringのグレードでは軽快な走りを楽しむことができます。

ディーゼルエンジンは、最高出力が105ps/4000rpm、最大トルクが25.5kgm/1500-2500rpmのパワフルな性能と燃費にも優れたバランスの取れたエンジンです。

スイフト
スイフトは質感ではデミオにやや劣る部分もありますが、スイフトスポーツのエンジン性能はパワフルな走りを楽しめます。ハイブリッド車はマイルドハイブリッドとフルハイブリッドの2つから選択できます。

マイルドハイブリッドとは、低速走行の場合にモーターが起動してアシストする仕組みで、特に渋滞などに巻き込まれた場面ではガソリンの消費を抑制してくれる効果が期待出来るでしょう。

フルハイブリッドは、走行中に電力を蓄電してアシストするシステムでマイルドハイブリッドよりも高燃費を実現しており5速AGSのシフトチェンジ時にモーターでアシストしシングルクラッチでありながらDCTのように違和感もなくとてもスムーズです。

走行性能では甲乙つけがたいですが、スポーティーな走りを楽しみたいなら断然スイフトに軍配は上がるでしょう。特にハイブリッド車のコストパフォーマンスは良くスイフトの技術の高さを実感できます。

デミオのクリーンディーゼル車も走行性能や燃費のバランスもとれており車体重量はデミオの方が重いですが、使用燃料が軽油なため燃費にも優れ維持費を最優先に考える方にはおすすめでしょう。

デミオVSスイフトを比較。後部座席はどっちが広い?

引用:マツダ

続いてはデミオとスイフトのそれぞれのボディーサイズや室内の広さを詳しく見ていきましょう。

デミオVSスイフトの比較!どっちが後部座席やボディーサイズが大きい?

デミオのボディーサイズ
全長:4060mm
全幅:1695mm
全高:1525mm
ホイールベース:2570mm
スイフトのボディーサイズ
通常タイプ
全長:3,850mm
全幅:1695mm
全高:1,500~1535mm
ホイールベース:2,450mm
スイフトスポーツタイプ
全長:3,890mm
全幅:1,735mm
全高:1,500mm

デミオのボディーサイズは、コンパクトカーとしては一般的な大きさの5ナンバーサイズとなっています。

スイフトのボディサイズは、全長がデミオよりも210mm短いところが大きな違いでしょう。

スイフトは、スイフトスポーツタイプだけ3,890mm×全幅1,735mm×全高1,500mmと変わり3ナンバーでの登録となります。

マツダ・デミオの室内サイズ
室内長:1,805mm
室内幅:1,445mm
室内高:1,210mm
スイフトの室内サイズ
室内長:1,910mm
室内幅:1,425mm
室内高:1,225mm

室内サイズを見てみるとデミオの方では、室内長が短く横幅を広くしていることが特徴的で、前席部分は満足のいく十分な空間が確保されています。しかし後部座席のスペースはやや狭めのつくりで天井も低くいため、高い身長の方は窮屈に感じられるかもしれません。

対してスイフトは室内長は105mm長く、室内幅は20mm狭く、室内高は15mm高くなっておりコンパクトカーとしては問題のない広さですが、あえて言うなら後部座席の足元と背もたれのスペースは標準よりも若干狭い印象です。

デミオVSスイフトを比較してどっちが燃費が良い?


燃費は年間ベースで見ると維持費の中で、非常に大きなウエイトを占めており車を購入を決める際にも重要です。

最後にデミオとスイフトではどっちが燃費に優れているのか比較してみましょう。

デミオVSスイフトを比較!どっちが燃費が良い?

デミオの燃費
SKYACTIV-G 1.5Lガソリン車
2WD/19.0km/L~19.8km/L 4WD/17.2km/L
SKYACTIV-G 1.5Lディーゼル車
2WD/26.4km/L~30.0km/L  4WD/22.8km/L
※WLTCモードで計測
スイフトの燃費
1.2Lガソリン車
20.0km/L~24.0km/L
1.0L、スイフトスポーツ
16.4km/L
マイルドハイブリッド
27.4km/L
フルハイブリッド
32.0km/L

デミオのクリーンディーゼル車は、燃料が軽油なのでコスパも良く33km/L程度の燃費に相当します。

スズキ・スイフトは、排気量の違いもありますが1.2Lガソリン車で20.0km/L~24.0km/Lの高燃費で1.0L、スイフトスポーツでは16.4km/Lと少し悪くなりますが、ハイブリッド車の32.0km/Lの燃費は優れておりガソリン車で選ぶならスイフトの方が断然有利です。

燃費のパフォーマンスで比較するとガソリン車ならスイフトのハイブリッドがおすすめで、デミオのクリーンディーゼル車なら燃費的にもハイブリッドと良い勝負でしょう。

デミオVSスイフトの比較したまとめ

ここまでマツダ・デミオとスズキ・スイフトの販売価格、ボディーや室内の大きさ、燃費比較をしてきましたが、コンパクトカーのカテゴリーに入るデミオとスイフトはとても似た特徴を持つ車であることが分かります。

デミオとスイフトは、排気量の違いを除けば大差はなくあとはユーザーの好みによって評価も変わるでしょう。デミオは高いデザイン性と運転する楽しさを感じることができ、スイフトはスポーティーな走りと居住性が魅力です。

デミオとスイフトを比較することで、性能の高さを知ることができデミオの購入を考え中の方は他の車と比較して能力の差や質感の高さを実感できることでしょう。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-