下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

車を買う時、下取りに出すのは損ですよ。

デミオの2WD車では、FFの前輪駆動を採用しており優れた燃費と広い室内空間を確保しており快適なドライブを楽しめるでしょう。

デミオの4WD車は、先進技術のi-ACTIV AWDを搭載し雪道や悪路などでの安定した走行性能を発揮します。

デミオの2WDと4WDの特性の違いを理解して自分に合った最良の1台を選びましょう。

デミオの2WDの走行性能と燃費

引用:https://blog.mazda.com/archive/20140717_01.html

マツダ・デミオの2WDは、FFタイプのフロント部分にエンジンが搭載された前輪駆動のタイプを採用しており、安定した高い走行性能を実現した人気のコンパクトカーです。

2WDの方が街乗りをメインに使う方には、4WDよりも燃費の面でも優位性があり適しています。

デミオの2WDのメリット

フロント部分にエンジンとトランスミッションを横に配置することにより車内スペースを広く確保できるメリットがありデミオのコンパクトカーでは室内空間が狭いため特にメリットが大きいでしょう。

さらに2WDの方では、製造過程で部品も少なく済み構造的にも単純化できるため4WDよりもコストを抑えることが可能なため販売価格も4WDに比べて安くできるメリットがあると言えます。

デミオの2WDのデメリット

2WD車は雪道に弱いイメージがありますがFFタイプは比較的雪の路面でも強いとされており重量のあるエンジンがフロント部分に搭載されているために、駆動輪のあるフロントに加重がかかりタイヤが空転おこしにくいためです。

しかし2WD車にも勿論デメリットはありフロントに加重がかかることで、駆動輪のタイヤのグリップ力が高まるので車体の加重が後輪にかかる上り勾配では、駆動輪のグリップ力が弱まってしまいます。
雪道や凍結した路面状況の上り坂で停止し場合には、発進時にタイヤが空転して動けなくなる恐れがあるので注意が必要です。

さらに前輪にかかる力が大きくなりスリップの危険性が増しスタックや脱輪等で駆動力が地面に伝わらずに空転してしまう可能性もあります。

クルマの前の部分に重心が偏るためにアクセルを踏みながらスピードを出してコーナーを回ろうとすると、予想外に外側に膨らむ傾向があるでしょう。

デミオの2WDの車高ですが、4WDよりもフロアが25mm僅かに低くなっています

デミオの2WDの燃費

デミオの2WDはFFの前輪駆動方式により4WDよりも車体が90kg軽量な効果により燃費の効率も良く経済的です。

デミオの2WDは4WDよりも部品等も少なく構造も簡単なため、車両重量の軽量化を実現し効率の良い燃費に加えてブレーキ性能も向上しています。

マツダ・デミオのカタログ燃費の比較
ガソリン車
2WD/19.0kml~19.8kml
4WD/17.2kml
クリーンディーゼル車
2WD/26.4kml~30.0kml
4WD/22.8kml
マツダ・デミオの実燃費
ガソリン車
2WD/14.0kml~21.0kml

4WD/14.0km/L~17.0km/L

クリーンディーゼル車

.2WD/17.0km/L~22.0km/L
4WD/17.0km/L~20.0km/L
※交通事情により燃費は大きく変化します。

以上のようにガソリン車、ディーゼル車ともに2WDの方が、燃費の面で見た場合には経済的であるということが分かります。
さらにクリーンディーゼル車の方が、ガソリン車に比べエンジンの回転数が少なく燃料の消費を軽減できるメリットがあり軽油を使うので燃料代も安く済みお得です。

デミオの4WDの優れた性能


4WD車の最大の利点は、雪道や悪路などでの安定した走行性能を発揮できることにあるでしょう。デミオの4WDでは、あらゆる路面状況下においても優れた走行性能や快適な乗り心地を体感できるマツダの先進技術の4WD制御システム「i-ACTIV AWD」が搭載されています。

デミオの4WDに搭載の「i-ACTIV AWD」とは?

デミオの4WD車は通常の場合はFFをベースとした前輪駆動で走行しますが、路面の環境の変化により自動的に適正なトルクを分配して4WDとなる先進秘術のトルクオンデマンド型の電子制御装置i-ACTIV AWDが搭載されています。

i-ACTIV AWDのシステムの概要
i-ACTIV AWDは従来のオンデマンド型とは違い路面状況、車の傾斜角度、気温など27項目の情報を元にしてコンピューターが予測し必要な場合にはタイヤが滑る前に前後輪のトルク配分を自動制御してタイヤの空転を未然に防いでくれる電子制御システムです。

デミオの4WD走行性能

デミオの4WDは市街地などの路面の良い舗装道路の場合では、FFの2WDの状態で走行し燃費の節約にもなるでしょう。

常時i-ACTIV AWDがタイヤの動きやスリップ比、路面の状況など検知して適正なトルク配分を自動的に行い最適なモードに切り替えながらの走行なため雪道や荒れた路面の環境下でも効率のよい走りを実現し優れた走破性と安定性のある走りを実感できることでしょう。

デミオの4WDは雪の坂道で停止した場合には、発進前にハンドルの角度や傾斜などを計算してトルク配分を調整するため空転することもなくスムーズに発進することが可能です。

デミオの4WDのデメリットとしてシャフトなどの部品が、追加されるために2WDに比べ90kg重くなることが最大のネックとなり燃費が悪くなる最大の要因となります。

デミオの4WDのだけの装備

デミオの4WD車には、コンディションの悪い路面での走行を想定して特別に搭載されている装備があります。

リアフォグランプ
吹雪や濃霧などの視界不良の悪天候時にリアフォグランプを点灯させることで、後続車にこちらの存在を知らせて追突を未然に防止する目的のランプです。
ヘッドランプウォッシャー
荒れた路面状況で雪や泥がはねて汚れたヘッドランプを綺麗に洗い流してくれる優れもので、雪の降る地域では特に役立ちます。
ウォッシャー液残量警告灯
ウォッシャー液の残量が一目でわかりとても便利な機能です。
ウォッシャータンク
大容量のウォッシャータンクを搭載しており細目な交換も必要ありません。

デミオの2WDと4WDを選ぶならライフスタイルに合ったものを


デミオの2WDと4WDを比較してみましたが、通勤や買い物などで市街地を走る場合には2WDで不足を感じることはなく2WDの方が、燃費効率も良いのでお財布にも優しいと言えるでしょう。

雪の降らない地域に住んでいる方は2WDでも十分かと思いますが、雪国や山間部の地域にお住まいの方やウィンタースポーツやキャンプなどアクティブに活動されているアウトドア派の方には4WDがおすすめです。
デミオの2WDか4WDにするかは、ユーザーの住んでいる地域の環境や使用目的などにより選択肢は変わってくるでしょう。

基本的には雪国でもスタッドレスタイヤを装着すれば、2WDでも問題ないとは思います。
しかしコンパクトカーの4WDとしてはかなり優秀なマツダ・デミオなだけに販売価格は20万円程少し割高になりますが、安全性や走破性を考慮すると4WDの選択肢も十分ありえるでしょう。

マツダ・デミオをどちらにしたら良いのか迷っている方は、2WDと4WDのメリットとデメリットの違いを理解して、後悔をしない様に納得のいく選択をして楽しいカーライフを楽しみましょう。

デミオが値引き後価格から、さらに50万円安くなる方法とは?

『予算が足りない・・』
『値引き交渉が上手くいかない・・』
『ディーラーを回るのが面倒・・』
『車種比較する時間がない・・』

といったようにデミオの購入で悩んでいませんか?

一昔前、マツダは値引きをしてもらいやすいメーカーでした。
しかし今は、一転してほとんど値引きをしてもらえません

さらにデミオの売れ行きはコンパクトカーにおいてトップクラス。
しばらく価格は安くならなそうです。

『デミオの購入は一旦見送るか・・』

そう悩んでいる方に、おすすめの裏技があります。

下取りではなく一括査定サイトを使う!

下取りでは30万円だった愛車が、
買取業者だと80万円で売却できることが多々あります。

最大10社の優良買取業者が、
愛車の買取価格を競ってくれるので、
愛車を最高値で売却することができるのです。

一括査定サイトを使えば悩みが解決するだけでなく、

『最上位グレードを選びたい』

匠塗りのソウルレッドを選びたい。』

『360°ビュー・モニター、
他にもオプションをたくさんつけたい。』

そんな願いも叶えることができます。

車を買う時、下取りに出すと大損しますよ!

こちらの記事も人気!-Recommend-